日本茶を通じて和の考え方を伝えたい



今日の本の学びとして・・・



「和と貴ぶ」という意味について

本当の意味は「和があれば議論できる、本音で自分の考え方をはっきりと議論できる場」

を「和」と呼ぶそうです。



「和」は和む意味もありますが、

「競争しながら共生する(切磋琢磨する)」という意味があるそうです。



和むというのは「安らぐ」という意味に捉えがちですが、

実は、心を許し、真剣に人と向き合える場のことを「和」と表現するべきなのかもしれません。



これから新茶仕入れをしていくのですが、自分に厳しく、自分にとって良い判断ではなく、

お客様やお取引先にとって本当に良い判断をするために「和」大切にしていきます。



後藤 隆典




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録