2022年新茶 生産地の皆様に心から感謝です!!


鹿児島新茶は最盛期を迎えています!
有明、志布志のほうからも早生品種の新茶が入荷しはじめ、知覧、頴娃地区で、遅生のやぶきた品種も出始めています。鹿児島は薩摩半島でも大隅半島でも全域でお茶を製造しており、南からだんだん北へ上がっていきます。
さくら前線ではなく、新茶前線ですね!

もう少しで鹿児島の仕入れは終わりますが(まだまだあります・・・苦笑)

私のテイスティングはこれから静岡新茶へ進んでいきます!!
この上の写真は大隅半島側の錦江町の畑です。
この上の写真は頴娃地域の写真です。今は南九州市のお茶がすべて知覧産と言うので、皆様よく知っている知覧のお茶ですこの写真は霧島溝辺地域の写真です。

 写真でわかるように、黒い幕をかけて、茶畑に覆いをする「かぶせ茶」を鹿児島では一つの特徴として製造しております。緑色があざやかで、さわやかな甘味のお茶が多く、当園では「さえみどり品種」「ゆたかみどり品種」の鹿児島茶の特徴のある品種を厳選して製造販売しております!

余談ですが、今回はじめて、薩摩国一之宮の新田神社と大隅国一之宮の鹿児島神社にいってきました!上の写真は新田神社の大樟です。


上の写真は新田神社と鹿児島神社の御朱印です。


先日、相模國一之宮である神奈川県の寒川神社を参拝する機会があり、そして毎年静岡の仕入れをするときに御礼参りする遠江国一之宮、静岡掛川の事任神社も一之宮だということを気付き、御礼参りに行ってきました。

当園に28歳で入社して、17年が経ち、鹿児島に来るようになり、約15年が経ちました。

鹿児島は、私が心から尊敬する人が多く輩出しており、そしてそのご縁をつくってくれたのも、鹿児島の茶問屋さんでした。

掛川の先祖のお墓には、実は種子島出身の先祖も眠っています。

新田神社で手を合わせながら、自分の力だけでなく、本当に鹿児島や静岡のご先祖さま、生産家の皆様、ご縁あるすべての方のおかげで今があることを心から感じさせていただきました。

自分自身で努力を積み重ねることは絶対重要ですが、それだけでは今のような新茶を生み出すことはできないです。

多くのお客様がいるからこそ頑張ることができます!!

まだまだ新茶の仕入れは続きますが、自分を信じて、ご縁に感謝して、しっかり新茶を製造していきます!!



一番おすすめの限定新茶予約をしていただけると厳選新茶で特別価格でお届けできるのでご予約されるのをおすすめします!!


【ご予約限定 4月26日まで!限定新茶予約ページへ!!】


******
ハッシュタグ #春芳茶園 #しゅんぽうカフェ をつけて SNSへのUPをお願いいたします!!
*****
#横浜#戸塚#サクラス戸塚#お茶#緑茶#煎茶#新茶#鹿児島茶#鹿児島新茶#日本茶#日本茶専門店#春芳茶園#しゅんぽうカフェ#人気#お茶のある暮らし#ティータイム#深蒸し茶#カテキン#静岡新茶#新茶ギフト#母の日


お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録