2017年鹿児島新茶仕入れその1

今年は桜の開花も遅れ、新茶の生育が遅く、昨年度と比べると約1週間遅れております。

毎年、鹿児島市場に行き、全体の茶葉の流れを確認し、その後実際の茶葉を拝見・テイスティングを

行い、茶葉を厳選していきます。

そしてその後に今日摘んでいる畑まわりも行います。
実際に畑をまわってみると、加工前の生葉を確認することができ、次の日のお茶の状況をイメージする
ことができます。
しかしながら、正直毎年天候状況が違い、同じ生産家でも摘む畑の場所でもお茶の質が違うので、
今年は、今年の流れを掴み、即判断していく必要です。
「百聞は一見に如かず」とは本当で、やはり実際に見て、味わって、感じることが何事も大切です。
そして人のご縁、人間力が一番大切だと、お茶の仕入れでも体感します。
心が満たされるやさしく美味い新茶が今年もできそうですよ!!

お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録