「みめいこんとん」思考の深み

先週の土日に初めてお茶事のお手伝いをさせていただきました。

 

そのお茶事は「燈火の茶事」といって、

 

暗い中、「燈火」を使って行う茶事でした。

 

炭手前、懐石までは明るく、濃茶からは茶席を真っ暗にしてお茶事をおこないました。

 

 

日常の中に、「太陽と月」「白と黒」「男と女」「陰と陽」といった対局の2極があり、

 

自分の考え方のポジションによって見方が大きく変わります。

 

 

学びが深ければ、深いほど、明確な答えはなく、自身と向き合い、対局があることに感謝することが、大切だと感じます。

 

答えがある話ではないのですが、このようなことを感じ、考える日もあってもよいかもしれません。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後に、坂村真民先生の詩をご紹介いたします。

 

「みめいこんとん」 坂村 真民

 

私がいちにちのうちで、いちばんすきなのは

 

みめいこんとんのひとときである

 

私はそのこんとんのなかに、みをなげこみ、てんちとひとつになって

 

あくまのこえをきき、かみのこえをきき、あしゅらのこえをきき、

 

しょぶつしょぼさつのこえをきき、じっとすわっている

 

てんがさけび、ちがうなるのも、このときである

 

めいかいとゆうかいとのくべつもなく、おとことおんなとのちがいものなく

 

にんげんとどうぶつとのさべつものない、すべてはこんとんのなかにとけあい

 

かなしみもなく、くるしみもなく、いのちにみち、いのちにあふれている

 

ああわたしがいちにちのうちでいちばんきがいをかんずるのは

 

このみめいこんとんのひとときである

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

混沌とは、新たな光が生まれる創造の場。

 

心を広げて、新たな光を受けることのできる自己改革を進めていきたいです。

 

 


お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録