”月のしずくと一緒に”


日々、増すごとに秋の風情が感じられてきました。

京都市東山に十五世紀末足利義政が建てた「銀閣」があります。

別名「幻の月の御殿」と呼ばれ、どの方向からも月が良く見えるように設計されているそうです。

今月10月20日は満月に近い夜、十三夜です。

その時代も秋の七草(ススキ・ハギ・クス・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウ)を飾り、お月見をしていたかも知れません。

今、当店春芳茶園にも秋が舞い降りてきています。

秋限定蔵出し茶「月のしずく」です。

甘味があり、味が濃く香りの良い、一口飲んだ時のその口の中にひろがるお茶に秋を感じ、幸せな気持ちにひたれます。

秋の夜空が澄んで、月も星もきれいに見える日が多くなってきました。

その時代にお月見を楽しんだであろうと思い、そして月のきれいな夜空をながめながら、「月のしずく」を

ぜひ、ご家族揃って堪能してみてはいかがでしょうか。

月のウサギも踊っているかも知れませんネ!!



橋本



春芳茶園の秋限定蔵出し茶、 「月のしずく」 !!

月のウサギと一緒にいかがでしょうか(笑)




月のしずく



 




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録