煎茶の歴史に触れる 「隠元禅師と黄檗(おうばく)文化の魅力」


先日、日本橋高島屋で開催されている「隠元禅師と黄檗(おうばく)文化の魅力」

という展覧会を見に行ってきました。



隠元禅師は、中国の高名な禅僧で、

江戸時代に日本からの度重なる要望に応え、63歳の時に来日。



禅の教えや多くの技術、文化を日本にもたらしました。



煎茶も隠元禅師によってもたらされた文化のひとつで、

現在の喫茶法(茶葉をお湯に浸す)が新しい喫茶法として全国に広まっていったそうです。



当時の絵画や文学に携わった文人達に煎茶は好まれ、

煎茶の甘露や爽やかさを味わいながら芸術談義に花を咲かせ

日本絵画などの芸術が花開いていったということです。



隠元自身も、冬に降り積もった雪を沸かしてお茶を煮出し、

弟子たちと共にそのお茶を味わいながら詩を詠みあったそうです。



なんとも風雅ですね!!



まだ暖を取る手段もあまりないその時代に、寒い冬温かいお茶を淹れて

皆で寄り集まって過ごすひとときは、心の中からほっと暖かくなれる

かけがえの無い時間だったのだと思います。



そしてそれは、現代でもきっと変わらないはずだと思うのです。



今回の展覧会を見に行って、あまり知られていない煎茶の歴史に触れ、

魅力を改めて実感しました。とても見応えのある展覧会ですよ!



会場内に、美味しいお煎茶をいただける煎茶席もあり、そちらもおすすめです。

今月の16日まで開催されていますので、

興味のあるかたはぜひお出かけしてみてください!!



スタッフ 樋代



http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event2/index.html




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録