年齢のお話


今日、スタッフとの間で年齢の話になりました。

スタッフの一人が言うには、私は「33才」に見えるそうです。



学生時代は実際の年齢よりも上に見られることが多かったのですが、

社会人になってからは、実際の年齢よりも若く見られることが多くなりました。

例えば、洋服屋にて「アルバイトとかしてるんですか?」なんて言われて学生だと思われたり。

久々に実際よりも上の年齢に見られ、嬉しいようなやっぱり悲しいような、少し複雑な気持ちになりました。

「33才」の理由は「落ち着いてるから」だそうで…まぁ、いいでしょう…。

実際にお店に来ていただいているお客様にはいったい何歳くらいに見えているのかなぁ、なんて少し気になりました。店長よりも上?下?配達等でお客様のお宅に伺うと、たまに「店長さんの弟さん?」なんて言われることもあります。



そんな私ももうすぐ、この会社にお世話になりはじめてから1年が経ちます。

少しずつ仕事にも慣れてきましたが、初心を忘れずにいつまでも20代の若々しい気持ちで皆様をおもてなしていきたいと思います。

ちなみに、私が33才になるまでにはあと6年かかります。 スタッフ佐野




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録