夏も近づく八十八夜~


本日は5月2日、旧暦で立春から数えて八十八日目の「八十八夜」になります!!

今年はあいにくの天候になりましたが、毎年この時期がお茶にとってのベストシーズンであることは間違えありません。

今日、かわいい小学3年生が、「八十八夜だから新茶を飲みたい!」とお母さんと一緒にご来店されました。

学校で「茶摘」を歌ったようでした。とてもうれしくなりました。

「今日摘んでいるお茶は、今一生懸命農家さんがお茶にしてこれから入ってくるんだよ~」と伝えて、摘み日の一番近いものを購入してもらいました。

ぜひ皆様を今が本当にお茶の旬の季節なのでお茶を飲みましょう!!

75日長生きできますよ!!



下記は、新茶情報に記載した「知って得するお茶の話です」どうぞ参考にしてください。



四月中旬から五月初旬にかけて、全国からサクラの便りが届き春本番を迎える頃、全国の茶畑では、豊かな太陽の光をいっぱいに受けて、お茶の新芽がいっせいに芽吹きます。

「夏も近づく、八十八夜~」という「茶摘」という歌があるように、立春から数えて八十八日目前後を「八十八夜」と言って、お茶にとっては一番の「旬」の時期となります。

お茶は、この期間(その年の天候にもよります鹿児島では四月中旬頃から、静岡では四月二十日頃から五月十日頃までの約二~三週間)に摘まれたお茶を「新茶(一番茶)」と呼び、このお茶を一年間しっかりと保存して販売していきます。  お客様の中で、「新茶は香りだけで味がないのよね。だから新茶じゃないお茶がいいの・・・」とおっしゃる方がいますが、それは少し誤解しております。なぜなら、この新茶の期間に年間のお茶の約五〇%以上は摘まれており、それを中心に一年間通してお茶屋さんは販売していくからです。言うなれば一番お茶が新鮮な時期が新茶シーズンなのです。お茶もお肉やお魚と一緒で鮮度がとても大切です。ぜひ新茶シーズンには新鮮な新茶をお飲みください。

素晴らしい新茶の輝き




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録