もうすぐ節分ですね!


お正月も終わり、ますます寒さが増し、雪が 降るのではないかと思う毎日です。

春芳茶園にご来店いただいたお客様にお出しする時も「とても暖かく、こんな寒い日のお茶はおいしいですね。」と言っていただきます。

そんなお客様方にお出しする時、「福茶碗」という湯呑茶碗を使っております。

その「福茶碗」は飲み終わった底にお顔が描いてあります。それは、一つ一つ手描きのため、顔の表情がほんのりと笑っているような、心なしか曇っているような、本当に愛しく感じ自然に顔がほころびるお茶碗です。そして、そのお茶碗に合う「福茶」と呼ばれる大豆・黒豆が入っている玄米茶があります。

無病息災を願って飲まれるようになった縁起物のお茶です。

又、2月3日の節分。

立春の前日、大寒の最後の日を節分として、「福は内、鬼は外」と言いながら、豆まきをして厄払い行う習慣です。

そして、その豆を年の数だけ食べて、1年を無事に乗り越えられますように願います。

この頃は、だんだんとそのような習慣をするのが、少なくなってきていますが、節分の日はぜひ、「福茶」を飲みながら、豆を食べて家族の健康と幸福を願っていただけたらと、思います。



橋本




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録