お茶のおいしさを届けるために!!


2月に入り、寒さがますます増し、雪も降って来ました。

こんな時こそ、暖かいお茶を飲みたいと思い、おいしく感じられる事と思います。

春芳茶園では、おいしいお茶をお客様に飲んでいただくために「低温保管」という方法でお茶のおいしさの鮮度を守り続けています。

お茶の適正な保管温度は15℃以下です。そのために、春芳茶園ではその温度を守るために、ショーケース(冷蔵庫)のなかにお茶を陳列して年間を通じて大切に保管しております。茶葉は袋の中で眠っています。「低温保管」のため袋の中から茶葉を6g~8g大さじ1杯急須に入れ80℃前後のお湯を入れ、急須の中の茶葉を撹拌して、おいしさを抽出して、茶葉を起こしてほしいのです。



そして封を開けた茶葉は、常温で保管していただき、なるべく早めに飲んでいただきたいのです。

春芳茶園でも暖かいお茶をご用意して、お待ちしておりますので、ぜひお立ち寄り下さいませ。



橋本




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録