おいしい新茶の選び方 その2


おいしい新茶の選び方 その2 



2.日本茶の品種とは?生産地は?

 お茶の目利きになるためには、今どのようなお茶があるのかを知らなくてはなりません。実は現在、国内で製造されている日本茶の八割近くは「やぶきた」という名前の「品種」になります。よく「やぶきた茶」などと呼ばれますが、お茶にもお米のように品種があり、現在ほとんどこの「やぶきた品種」のお茶が全国で製造されています。

ですから、お気に入りのお茶もそうでないお茶も実は「やぶきた茶」かもしれません。

では同じ品種なのになぜそんなに味覚がいろいろ違うのでしょうか?

 なぜならお茶の味はその土地の風土によって作られるからです。同じ「やぶきた品種」でも静岡で作るのと、鹿児島で作るのでは味覚が大きく変わりますし、作る生産農家さんのお茶の育て方でも大きく違うのです。

〔鹿児島県茶園写真↓〕

 
鹿児島かぶせ茶園
鹿児島かぶせ茶園
鹿児島乗用型摘採機


  鹿児島かぶせ茶園写真1   鹿児島かぶせ茶園写真2    乗用型摘採機が多い



〔静岡県茶園写真↓〕

静岡県茶園写真?
静岡県茶園写真?
静岡県茶園ハサミ摘み写真


    静岡露地茶園写真1     静岡露地茶園写真2      静岡露地茶園ハサミ摘み



 現在の日本茶の二大産地は、静岡県と鹿児島県です。静岡県で全体の四〇%近く、鹿児島県で二〇%近くを製造しています。

静岡県ではその中でも八割近くが「やぶきた品種」を製造しております。そして生産方法の特徴としては、「露地栽培」が中心です。

鹿児島県では、「やぶきた品種」が五割で後は「ゆたかみどり品種」や「あさつゆ品種」など他品種を製造していて、「かぶせ栽培」が特徴のひとつです。ポイントしてまとめますととして「露地栽培」と「かぶせ栽培」で同品種でもお茶の味覚が違います。そして生産地でお茶の作り方にも違いがあり味覚も違うのです。各産地の味覚の特徴は実際に飲んで比較することをおすすめします。そして自分好みのお茶がどの産地の「やぶきた茶」なのか?または、どの産地のやぶきた品種以外のお茶なのか?まず把握することが、お好みのお茶を見つける近道の一つです。




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録