『新茶』お飲みになりましたか?


今年の新茶は、ここ数年間の中で最も作柄に恵まれた、すばらしい香りと味の濃さをもつ『おいしい』と自信をもって言えるお茶になりました。

                           

農作物の中で天候により味覚に最も影響を受ける品物と言えば、私は『一番に日本茶です』と答えます。

何故なら、一年に一回のみ摘採で、季節の寒暖の差、雨量、天候状況による味覚の良し悪しは、一年間の『おいしさ』に寄与するからです。しかも、茶の価格は上は3000円から、下は200円(100g当社販売品)と、約十倍以上の価格差のある農作物です。

価格差だけみても、農作物これだけ差のある品はありません。

前記、まごころ新聞四月号(ブログ下部:おいしい新茶の選び方 その3を参照ください)で述べましたように、日本茶の価格は摘み日(摘採期)によって価格を決めていく農作物ですので、天候という天の恵みが茶の価格を決めると言っても過言ではありません。



それでは、2008年度産の新茶は…

春芳茶園の指定農園、静岡県菊川・掛川地方の茶摘は四月二十一日から始まり、五月八日頃までで摘み終わりました。

振り返りますと、二月の寒冷期、三月の適量の雨、そして四月二十日頃から五月初旬までの適温の晴天、お茶の味覚〈おいしさ〉を育てるには最良の天候となりました。

最初に述べました『おいしい』と言えるお茶に育ちました。

価格も一番茶で100gで500円以上の茶が良質のおいしいお茶と言える年になりました。



この『お茶の話』をお読みになり、あらためて日本茶をお飲みください。

今年の『お茶のおいしさ』を知っていただくために。

春芳茶園主 日本茶インストラクター 後藤武史



参考までに良質なお茶の価格

静岡地方摘み日価格(100g単位)

4月21日~25日 ・・・ 2000円~1500円

4月26日~29日 ・・・ 1200円~1000円

5月1日~5月5日 ・・・ 800円~600円

5月6日~5月8日 ・・・ 600円~500円




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録