春告草


あちらこちらで梅の花がほころび始めた今日この頃、まだまだ寒い日が続きますが

少しずつ春が近づいてきているようです。



梅の木は、奈良時代に中国から伝えられたと言われています。

お花見と言えば今では桜が主ですが、奈良時代には梅の花を楽しんだそうです。



梅はその昔、万葉集など詩歌にもよく詠まれ、好文木(こうぶんぼく)、春告草(はるつげぐさ)など

たくさんの異名を持っており、たくさんの人々から愛されていたようです。



寒空の下、力強く凛々しい枝ぶりにふっくらと清らかな梅の花を見ると

とてもうれしくなります。



各地では梅祭りが催される時期です。

よく晴れた空気の澄んだ日に、満開の梅の花のしたを散歩しながら

温かいお茶を味わうのも、この季節の楽しみ方のひとつではないでしょうか。



樋代



 




お茶のことなら
いつでもLINEでご相談ください

ご購入後もお茶の入れ方やおすすめの入れ方などのお問い合わせください。
お客様が美味しいお茶がいただける環境を創り出すことが私たちの使命です!

LINE登録