>春芳茶園|しゅんぽうちゃえんのQ&A

美味しいティーバッグで
本格的なお茶を味わいたい!

ティーバッグタイプ〔関連商品を見る

とても便利なティーバッグですが、このティーバッグも中の茶葉の品質によって美味しさに大きな差が生まれます。
春芳茶園のティーバッグは、業務用を除いて、すべて美味しくお茶を抽出することができる三角テトラ型ティーバッグとなっております。今回は一番人気の5g三角テトラ型ティーバッグの美味しい入れ方をご紹介いたします!

春芳茶園のティーバッグは、1袋に5gの茶葉が入っております。
お好みの濃さにもよりますが、5gのティーバッグ1個で約500ml抽出することができます。

ティーバッグ

ポット(急須でお茶を入れる)

今回は、緑濃く入るのが分かりやすいように、ガラス製ポットで入れてみましょう。

ガラスポット1 ガラスポット2

ティーバッグを入れ、お湯を注ぎます

ティーバッグを1個入れ、お湯を500ml注ぎます。

ポイントは、マドラーやスプーンで「もみだし」することです。当園のティーバッグであれば、濃くすればするほど美味しくなります。なぜならティーバッグ用の原料をしっかり厳選しているからです!

お湯を注ぐ1お湯を注ぐ2お湯を注ぐ3

おちゃっぱくん

<ポイント!>

しっかりと撹はんをして濃いめに出すこと!
「もみだし」はティーバッグに閉じ込められた旨味を抽出できる所作です!!


ティーバッグタイプ〔関連商品を見る

注ぎ方 〜廻し注ぎ〜

3つの湯のみに、お茶の量・お茶の濃度が均一に入るように、何回かに分けて注ぎます。これを「廻し注ぎ」と言います。

そして最後の1滴まで注ぎきります。最後の1滴はゴールデンドロップとも言います。

入れ方1 入れ方2 入れ方3
入れ方4 入れ方5 入れ方6

ゴールデンドロップ
この一滴がゴールデンドロップです!

これでおいしい煎茶の完成です!!
 

煎茶の完成

抹茶入玄米茶やほうじ茶も同じように「もみだし」をおこなうことで旨味が濃くなり、より美味しく味わうことができます!濃く出して美味しいということは、原料がしっかりしており、旨味のある茶葉を厳選してティーバッグにしている証明です。
ぜひお試しください
ティーバッグタイプ〔関連商品を見る
 


カテゴリーラインナップ

人気商品

Go