抹茶・粉末緑茶の淹れ方2(フィルターインボトル・ステンレスボトル・水筒タイプ)

抹茶・粉末緑茶の淹れ方

   フィルターインボトル・ステンレスボトル・水筒タイプを使う方法をご紹介いたします。

ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方1

  まず、抹茶・粉末緑茶の量ですが、ティースプーンなら小盛1杯、茶杓なら2回分入れます。
  計量すると約2gになります。
  今回は水出しするため、お湯で出す場合よりも多めに抹茶・粉末緑茶を入れたほうが、味が
  濃くて美味しいです。

計量2g

   抹茶は「かぶせ栽培」をしてるため、ミドリ色が明るく、苦味は少なく、石臼を使うた 
   め、粉末が細かいです。《当社では、愛知県西尾産(抹茶ページへ)を中心に京都産・
   八女産の抹茶の取り扱いをしております。》

   粉末緑茶は、「露地栽培」のため、抹茶に比べると少しキミドリ色になり、苦味があり
   ます。当社の粉末緑茶は微粉末加工を丁寧に行っているため、純粋な茶葉のみ使用して
   おりますが、混ざりやすい粉末緑茶(有機粉末茶ページへ)になっております。

ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ2

お茶を入れます。

ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ3


お水は、濃い目であれば、1gあたり100ml目安で淹れるのがおすすめです。
 

ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ4

水を注ぎます。
 

ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ8

氷を入れるとシェイクにより、早く冷えるのと、混ざりやすくなります。
(冷たいお水で淹れると甘み成分のテアニンが多く溶けやすくなります。)

     

       ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ5   ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ3 ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ7            

そして、シェイクします!!

 

ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ10

そのまま、ステンレスボトルやフィルターインボトルミニなら飲めますし、
お好きな器に注いで飲んでもいいですね!




ステンレスボトル・フィルターインボトルの水出し緑茶の淹れ方イメージ11

できました!!

 

   この写真をクリックしていただければ、今回使ったフィルターインボトルと抹茶のセ
   ットを購入することもできます!

   (こちらは2017年7月11日にNHKあさイチで紹介された抹茶の飲み方のおすすすめ
    セットになります。)

また、
上記と同じやり方で当社「有機粉末緑茶」でも飲むことができます。

   (こちらは2017年7月11日にテレビ朝日「名医とつながる!たけしの家庭の家庭の
    医学」で紹介された抹茶の飲み方のおすすすめセットになります。)

   今回は、お茶の色がよく見えるハリオ製フィルターインボトルを使いました。
   ステンレスボトルや水筒でも同じ淹れ方でできます。

   抹茶・粉末緑茶は茶葉を丸ごと飲むことができるため、不溶性成分のビタミンEやβ-
   カロチンも飲むことができます。

   ※詳しくは、「深蒸し茶の栄養ページをご参照ください」

   ぜひおしゃれに、かんたんに、美味しく、本物の抹茶粉末緑茶をお飲みください!


 

戻るボタン

おすすめ商品