美味しいお茶の入れ方講座

美味しいお茶の入れ方・飲み方:やぶきた茶、さえみどり、つゆひかり、ゆたかみどり
春芳茶園のお茶、美味しい淹れ方を教えて!

はい!基本的な美味しいお茶の淹れ方と共に、春芳茶園のお茶に適した淹れ方をお話しします。

まず、覚えておいて頂きたいのは、ほうじ茶・番茶以外の緑茶なら熱湯よりも、少し湯冷ましをした方が、必ず美味しいお茶になるということです。

濃いちゃっぱ君「そうなんですか??」

お料理でも、ちょっとした手間や用意でおいしさが変わりますよね?
お茶も同じです。ちょっとした気配り、気持ちを大切にしましょう!

濃いちゃっぱ君「へーやってみます。」

◎2019年9月に動画を追加しました。文章とあわせてご参考にしてください!
お茶の美味しい淹れ方に合わせて、おすすめの急須・ポットの紹介・お湯の適温を紹介した動画です! 8分近い(驚&苦・・・笑)ですので、お時間あるときにぜひご覧ください!!

ちゃっぱ君「わー長いですね、またあとで見てみます!」
 

【◎使用しているのは人気NO.1煎茶ひととき】

 

◎おすすめの急須

濃いちゃっぱ君「おすすめの急須ってあるんですか?」

急須の内側全体がアミになっているものをおすすめ致します。
このような急須で、広い面からお茶を出すと、本当のおいしさを出し切ることができます。

ちゃっぱ君「へーどんな急須でもいいと思ってました。」

おすすめの急須

ちゃっぱ君「どうして、この急須がいいんですか?」

昔ながらの急須の形状のものですと、どうしても目詰まりすることが多くなります。 できれば、急須全体にアミがあるもので、お茶を出した方が良いでしょう。

ちゃっぱ君「へーそんな違いがあったんだー」
 

目詰まりしやすい急須

おススメ急須

お茶に適した水

濃いちゃっぱ君「お茶に適したお水ってあるんですか?」

今は水も色々な種類がありますが、ベストとしましては、ミネラルウォーターです。

濃いちゃっぱ君「へーおうちの水道水じゃダメなんですか?」

いいえ、日本のご家庭でしたら、水道水でも結構です。(日本の水道水は、軟水の為)

濃いちゃっぱ君「あーよかった。」

この時のポイントは、

水を5分位、沸騰し続けて、カルキ抜きをしてから使うことが重要です。

濃いちゃっぱ君「へー、ミネラルウォーターも5分沸騰させた方がいいですか?」

ミネラルウォーターを使われる場合は、5分沸騰させなくていいのですが出来るだけ軟度の高いお水を選ぶことを、おすすめいたします。

濃いちゃっぱ君「なるほど!でもどうして軟度が高い方がいいんですか?」

日本茶の良さは「甘味」です。

海外の硬度の高いお水を使うと、どうしても苦味の強いお茶になってしまうのでご注意下さい。

濃いちゃっぱ君「そーなんだ 気をつけよ♪」

ちなみに、日本の水道水は、硬度50度以下の軟水です。煮沸すると、熱分解して炭酸ガスがとび、より軟水化しますので、ぜひ煮沸したお湯をお使い下さい。

濃いちゃっぱ君「へーそんなに変わるですか」

それぞれのお茶のおいしい入れ方です

緑茶の淹れ方

緑茶の入れ方緑茶 いれ方

緑茶を美味しく入れる方法


 

ほうじ茶 いれ方

ほうじ茶のいれ方ほうじ茶のいれ方

ほうじ茶を美味しくいれる適温は100℃。


 

ティーバッグの入れ方

ティーバッグの入れ方ティーバッグの入れ方

ティーバックの美味しい入れ方


 

パウダー茶の淹れ方

パウダー茶の淹れ方パウダー茶の淹れ方

粉茶・パウダー茶の美味しいいれかた。


 

ロックティーの淹れ方

ロックティーの淹れ方ロックティーの淹れ方

冷茶(アイスロックティー)の美味しいいれかた。


 

保存方法

お茶の保存方法お茶の保存方法

なんでも冷蔵庫で低温保存しておけばよいというわけではありません。

 


春芳茶園|しゅんぽうちゃえんの美味しい緑茶!プロの選び方

>