• Top
  • お茶の淹れ方・飲み方

お茶の淹れ方・飲み方

お茶の淹れ方・飲み方
春芳茶園のお茶をよりおいしく飲める方法をお教えいたします。

基本的な、お茶のおいしい入れ方と共に、春芳茶園のお茶に適した入れ方をお伝え致します。

まず、覚えておいて頂きたいのは、ほうじ茶・番茶以外の緑茶なら熱湯よりも、少し湯冷ましをした方が、必ずおいしいお茶になるということです。

お料理でも、ちょっとした手間や用意でおいしさが変わりますよね?
お茶も同じです。ちょっとした気配り、気持ちを大切にしましょう!

おすすめの急須

まず急須ですが、急須の内側全体がアミになっているものをおすすめ致します。
このような急須で、広い面からお茶を出すと、本当のおいしさを出し切ることができます。

おすすめの急須

昔ながらの急須の形状のものですと、どうしても目詰まりすることが多くなります。
できれば、急須全体にアミがあるもので、お茶を出した方が良いでしょう。

目詰まりしやすい急須

おススメ急須

お茶に適した水

今は水も色々な種類がありますが、ベストとしましては、ミネラルウォーターです。
しかし、日本のご家庭でしたら、水道水でも結構です。(日本の水道水は、軟水の為)

この時のポイントは、

水を5分位、沸騰し続けて、カルキ抜きをしてから使うことが重要です。

もし、ミネラルウォーターを使われる場合は、出来るだけ軟度の高いお水を選ぶことを、おすすめ致します。

日本茶の良さは「甘味」です。

海外の硬度の高いお水を使うと、どうしても苦味の強いお茶になってしまうのでご注意下さい。

ちなみに、日本の水道水は、硬度50度以下の軟水です。煮沸すると、熱分解して炭酸ガスがとび、より軟水にしますので、ぜひ煮沸したお湯をお使い下さい。

それぞれのお茶のおいしい入れ方です

緑茶の淹れ方

緑茶の淹れ方詳しくはこちら

緑茶をおいしく入れる方法、そして、春芳茶園のお茶に適した入れ方をお伝え致します。

ほうじ茶の淹れ方

ほうじ茶の淹れ方詳しくはこちら

ほうじ茶の適温は100℃。ほうじ茶はその香ばしい香りで心を癒す働きをします。ぜひおいしくお飲みください。

ティーバックの淹れ方

ティーバッグの淹れ方詳しくはこちら

お茶は摘み日によって、味に差が出ます。
春芳茶園店主自らお茶の産地に出向き、テイスティングを重ねて、どれが一番おいしい摘み日の茶葉か厳選しています。

パウダー茶の淹れ方

パウダー茶の淹れ方詳しくはこちら

深蒸しは、お茶を味わい尽くすことができる製法。茶葉の見た目は悪くなっても、味の深みと栄養を考えると、やっぱり深蒸し茶です。

冷茶の淹れ方

冷茶の淹れ方詳しくはこちら

深蒸しは、お茶を味わい尽くすことができる製法。茶葉の見た目は悪くなっても、味の深みと栄養を考えると、やっぱり深蒸し茶です。

保存方法

お茶の保存方法詳しくはこちら

なんでも冷蔵庫で低温保存しておけばよいというわけではありません。おいしく保つためには、ちょっとしたコツがあります。

おすすめ商品