• Top
  • 春芳茶園について

春芳茶園について【園主プロフィール】

春芳茶園について

園主からのメッセージ

店主からのメッセージ

「本物の美味しさを創る」
 

◎事業の目的・意義

当社の事業の意義・目的は、父が起業前に、スーパーや専門店に卸業する中で、本当に新鮮で美味しいお茶をお客様に直接お届けするには、

「生産者にお客様が本当に望んでいる品質・美味しさ・価値を伝え、お客様が心から喜ぶ茶葉を自分で仕入れて、直接お客様にお届けするしか道はない!」と強く感じたからでした。

お茶は農作物なので、毎年天候と土壌により品質が大きく変わります。
スーパーのようにいつでも同じ価格で、どこでも買えて、品切れのないお茶作りでは、

「美味しさを創る」ことはできないのです。

◎挫折により覚悟する。

しかしながら、当社をスタートした1979年当初、当社のような産地直販の「深蒸しのお茶」を販売するお店はほとんどありませんでした。

《下の写真が、1979年当初の当社本店の写真。1979年、創業時の姿。赤い野点傘が目印として、目立っていました。なんだか問屋みたいですね!》
1979年創業当初の春芳茶園の写真

初めて来店されたお客様の中には、「新しくできたお茶屋、粉茶売ってお茶屋をしている!!」なんて噂までされて、父は大変悔しい思いをしました。
それでも熱い熱い思いを持って起業したので、お客様でも熱い思いをぶつけます。

そうするとますます
「あのお茶屋はうるさい(その当初マイクを持ってお茶について演説をしていたのです!!笑)」など散々ご意見をいただくことになりました。

流石に、父もこれで本当にいいのかと不安になり、一度だけ茶葉の形を整えて販売をしたのですが・・・・・

今度は当社のお茶を喜んでご購入いただいいていたせっかくできた顧客様から、「お茶の味が変わった!美味しくないわよ!!」「本当に美味しいお茶に巡り合えたと思ったのに、残念だわ」と今まで以上に強くご意見をいただいたのでした。  父は、

「何をやっているんだ…」深く反省しました。

そして気づいたのです。実は本当に美味しいお茶を求めているお客様には、父の熱い思いは伝わっていたのでした。

そしてその時、決意したのです。

『お茶屋はいくらでもあるではないか、当社でやるべきことは「形を作ることではなく、美味しさを創る」ことだ!』

『「お客様が美味しい!」と感動していただけるようなお茶をとことん創ることに精進しよう!!』

『お客様に喜ばれる他ではできないこと。当社でなければできないことを一生懸命やろう』決めたのでした。

《下の写真が、1984年、創業から5年目。大改装し、お茶屋では今でもほとんど使用されていない店頭冷蔵ケースを導入!お客様に喜ばれるほかではできないこと。消費地でも新鮮な茶葉をお届けしたいという熱い想いを形にしました》

1984年創業から五年目。茶葉冷蔵ケース導入


《下の写真が、2013年3月30日まで34年間営業させていただいた旧本店。冷蔵ケースは、今も「街の花屋さん」が大切に使ってくれております。私は2003年に入社したのですが、この姿になる前にも、2回リニューアルして、お客様本位の店作りを行ってきました。》

2013年3月30日まで34年間営業させ ていただいた旧本店。



◎「深蒸し茶を作るのではなく、美味しさを創る」

私が入社してからは、更に「形を作ることではなく、美味しさを創る」ことを突き詰めていきました。

これはとても重要なことですが、今は昔とは違い「深蒸し茶」はどこでも販売されるようになり、どこでも深蒸し茶にするようになったため、深蒸し茶だからお茶が美味しいとは言えないのです。

なぜなら葉肉の厚い茶葉をしっかり育てている生産家の生葉を農家段階でしっかり蒸すことが出来なければ、本物の深蒸し茶にはならないのです。

葉肉の薄い茶葉を蒸かすと見た目は深蒸し茶で、緑は濃く、抽出は良いように見えますが、お茶の味のしない茶葉になります。またあとから刻み深蒸しの姿にしても、茶葉を細かくできても旨味が濃くなるわけではありません。

このような茶葉を「見極めること」ができなければ、旨味の濃く、苦味の少ない、まろやかな当社の「深蒸し茶」は作ることはできません。

いや「深蒸し茶」という言い方はでは収まりません!当社の茶葉の姿は、

「美味しさを創るために努力を積み重ねた結果、
                今の茶葉の姿」になっただけなのです。


ですから・・・
「美味しさを創る」ために毎年、最低でも300点以上の茶葉を何回も繰り返えしテイスティングをしてお茶作りをしています。

◎「熱い思い×努力×良縁=美味しさの創造」

そして毎年、今まで仕入れをしたことのない生産地や生産者に会いに行き、当社の考え方や思いを伝えていきました。

なぜなら美味しさを創るためには、生産者との深い関係性が不可欠だからです。

今では、静岡、鹿児島、京都、愛知、福岡の中心的な生産者との良縁を頂き、お茶作りを行うことができています。

一人でできることは、限られています。「美味しさを創る」ために多くの生産者に協力をいただき、挑戦しつづけています。

◎「お客様の喜びを創造し、次世代の茶業を生み出す!」

また、消費地の専門店の役割としてお客様の声を聞き、生産地へ届けることと、本物の茶文化をお届けするための、茶道裏千家や日本茶インストラクターなどの茶文化の学びを続けております。

そして、お茶に興味のあるお客様が来店しやすいように、オリジナルお菓子の販売やソフトクリームの製造、「しゅんぽう茶カフェ」まで行うようになりました。

茶葉のテイスティングから製造販売、茶の強みを生かしたスイーツ、そして茶道文化と急須文化の消費地の体験型物販店として、

『すべてを自社で小規模でワンストップで行うことで、
             「最高品質を毎日の生活へ」お届けすること』


を創業当初の意義と共に磨きながら成長しております。



これからの当社は役割は、茶のある素敵な情景を創造していくことです。

1300年前からある茶は、形を変えながらも、今も私たちの生活を身近で支えております。

これからも磨かれた最高品質の茶葉をさまざまな形でお客様に素敵に提案することで、
生産地とお客様と社会に貢献し続けます。

株式会社 春芳茶園 代表取締役 後藤隆典

春芳茶園の信条

 ◎経営理念
 春芳茶園は、顧客満足の創造活動を通じて、
 従業員の心と体の幸せを追求すると共に社会の進歩発展に貢献します。

  ◎行動方針
 世の中・社会を敬い、人を愛する。
 人として正しい行動を積み重ね、謙虚にしておごらず、心を磨き続ける。

 
1.日本茶の素晴らしさをお伝えする。
新鮮なおいしさと健康と安心を大切にし、春芳茶園でしか味わうことのできない日本茶を、子供でもわかりやすく多くの人に伝えていくことです。そして日本茶を通じて健康的で思いやりの心のある和の文化を感じてもらい、心豊かなライフスタイルを真剣に提案していくことです。
2.おもてなし
いつでもどこでも「笑顔」と「挨拶」と「おもてなし(お掃除)」を大切にし、自分だけでなく周りの人にも自然と「笑顔と挨拶とおもてなし(お掃除)」が伝わるよう努力していきます。
3.創意工夫
春芳茶園では日本茶を販売するという考え方だけでなく、大切な心を伝えることの出来る逸品として日本茶を捉え、人を喜ばせ、感動させるためにどのように伝えたら良いか真剣に考えます。

春芳茶園 会社概要

商号

株式会社 春芳茶園

設立

昭和54年8月17日(1979年)

資本金

1000万円

代表取締役

後藤 隆典(認定第07−1803 日本茶インストラクター)

取引先銀行

横浜銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行

業務内容

  • 戸塚区を中心とした顧客様販売。
  • 病院・集団給食へのお茶の供給。
  • 戸塚区を中心とした葬儀返礼品の供給・返礼品お渡し業務等。
  • 学校・ケアセンター等へのお茶の入れ方や文化等の講義等。
  • 電話、FAX、ホームページによる全国への通信販売。

その他春芳茶園のご案内

春芳茶園の歴史

春芳茶園の歴史詳しくはこちら

春芳茶園の歴史は、今から100年前。
お茶の形や見た目にこだわらず、ただ、味を追求し続けております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介詳しくはこちら

春芳茶園を支えるスタッフを紹介させていただきます。
おいしいお茶のために頑張ってます!

採用情報

採用情報詳しくはこちら

美味しいお茶のために一緒に働きたい!という社員・パート社員を募集しております。

おすすめ商品