お茶の種類

お茶の種類

お茶は大きく分けると、緑茶、烏龍茶、紅茶の3種類!

お茶は大きく分けると、下記の3種類あります。

  • 緑茶(不発酵茶)
  • 烏龍茶(半発酵茶)
  • 紅茶(発酵茶)

製造の前段階で、茶葉の酸化酵素の働きをどのようにさせるか(加工方法の違い)により分類されています。

※国産茶「しあ和せ紅茶ティーバッグ」はこちらから購入できます。

お茶の種類

不発酵茶(緑茶)とは

茶の葉を蒸す、炒る、煮るなどの方法で、最初に葉の酸化酵素の働きを止めて加工したものです。
蒸し製(日本式)と釜炒り製(中国式)があります。
 

半発酵茶(烏龍茶)とは

酸化酵素をある程度活用して加工するものです。
酸化酵素の働きの程度によって包種茶(軽度)と烏龍茶(中度)があります。
 

発酵茶(紅茶)とは

酸化酵素の働きを最大限に活用したものです。
発酵というよりは酸化させた茶になります。
 

お茶の種類は、栽培・加工方法によって煎茶(茶を蒸す程度により「普通煎茶」と「深蒸し煎茶」に分けられる)、かぶせ茶、玉露、番茶、玉緑茶、碾茶と大きく分類されます。

この他にも、荒茶から仕上げ茶に加工する段階で生ずる粉茶、茎茶、棒茶、芽茶、玉茶などあります。
また、碾茶を加工して抹茶に、煎茶や番茶を焙じたり炒った米を加えたりした焙じ茶、玄米茶などもあります。
日本で生産されている茶のほとんどが、煎茶(深蒸し煎茶を含む)で、全生産量の約80%を占めています。
 

お茶の表

不発酵茶(緑茶)

蒸し製(日本式)

普通煎茶(ふつうせんちゃ)

茶葉を蒸して揉みながら乾燥したもので、上級品ほど旨みや、やわらかい芽の香りがあります。
 

深蒸し煎茶(ふかむしせんちゃ)

製法は普通煎茶と同じですが、茶葉の蒸し時間を2〜3倍多くして製造した茶で、味に特徴が出ます。
 

かぶせ茶

一番茶の摘採前7日前後に、わらや寒冷紗などで茶園を覆って育てた茶葉を原料として、煎茶と同様に製造した茶。
 

玉露(ぎょくろ)

一番茶の新芽が伸び出した頃から、よしず棚などに、わらや寒冷紗などで茶園を覆い、ほぼ完全に日光を遮った茶園(覆下園)から摘採した茶葉を原料として、煎茶と同様に製造した茶。
 

碾茶(てんちゃ)

新芽が伸び出した頃に、茶園に覆いをして栽培し、蒸した葉を揉まないで乾燥したもの。
 

抹茶(まっちゃ)

碾茶を茶臼で挽いて微粉状にした茶。
 

蒸し製玉緑茶(むしせいたまりょくちゃ)

煎茶の製造工程のうち、精揉工程を省略し、揉みながら乾燥して勾玉状(まがたまじょう)にした茶。グリ茶とも言います。
 

番茶(ばんちゃ)

新芽が伸びて硬くなった茶葉や古葉、茎などを原料とした茶。
 

焙じ茶(ほうじちゃ)

下級の煎茶や番茶などを強火で炒って作った茶。香ばしさが特徴。
 

玄米茶(げんまいちゃ)

煎茶や番茶に焙煎した米を混ぜた茶。

釜炒り製(中国式)

釜炒り製玉緑茶(かまいりせいたまりょくちゃ)

鉄製の釜で茶葉を炒りながら揉み、乾燥して勾玉状にした茶。

半発酵茶(烏龍茶)

包種茶(ほうしゅちゃ)

軽度に発酵(酸化)させた、半発酵茶の一種。主として台湾で作られている。
 

烏龍茶(うーろんちゃ)

半発酵茶で、緑茶と紅茶の中間に位置する。香りが高いのが特徴。中国、台湾が主な産地。

発酵茶(紅茶)

茶の葉を完全に発酵して揉みながら乾燥させた茶。濃い橙紅色で香りが高い。インド、スリランカなどが主な産地。

日本茶の知識に戻る

おすすめ商品