• Top
  • 荒茶
  • 2017年 5月10日摘 新茶 静岡掛川産 荒茶 太鼓番 200g

2017年 5月10日摘 新茶 静岡掛川産 荒茶 太鼓番 200g

ガブガブ飲みにおすすめ!オフィス、仕事場など量をたくさん使う時には最適な生荒茶(番茶)です。

商品名 2017年 5月10日摘 新茶 静岡掛川産 荒茶 太鼓番 200g
商品番号 S-500 200g
販売価格 1,080円(税込)
購入数

特定商取引法に基づく表記 (返品など)

ガブガブ飲みにおすすめ!オフィス、仕事場で最適な荒茶(番茶)です。



産地:掛川産

特徴:旬の1番茶で農家そのままのおいしさをお求めやすく味わうならこちら!!



太鼓番も生荒茶と同じ荒茶仕上げになっています。
ではなぜ香ぐやひめ、生荒茶、太鼓番と価格が違うのでしょうか?

もちろん太鼓番も生荒茶も同じ、春芳茶園の指定農園のものになります。
では、生まれたところもお茶の品種も同じなのになぜ価格が違うのでしょうか?

それは摘んでいる日にちの違いによって変わってきます。

お茶は摘んでいる日にちが早ければ、早いほど同一産地であれば基本的には値段が高くなります。
なぜならお茶の葉は生きているので新芽の最適な時に摘んだお茶の葉は赤ちゃんのようにやわらかく、そのやわらかさがお茶の価値になるからです。

そして、太陽の光を浴びて徐々に成長をして、人と同じように子供から成人そして大人になっていくのです。
大人になると赤ちゃんのころのやわらかさはなくなってしまいます。
お茶でいうと硬化(こわか)するといって、お茶の葉が硬くなることを言い、品質が落ちたことを意味します。
このようにお茶の価格は決められているのです。

「太鼓番」は生荒茶より3日ほど遅く摘まれたお茶になります。
ただ普段飲みとしては、十分おいしく飲める人気のあるお茶で、お客様から「このお茶、安いのにおいしいさ、太鼓番だね!」と言われたのをそのままネーミングして使用させて頂いたものです。

スーパーでよく売られている500円台のものとは圧倒的な差があるお茶です。

事務所や職場などにもおすすめできるお茶です。


おいしいお茶の秘密 お茶の淹れ方・飲み方