美味しい緑茶のプロの選び方

美味しい緑茶プロの選び方

生産地と消費地を知るプロがお客様立場で考える美味しいお茶の選び方

お客様用・お茶上級者用 お茶好きの普段使い 気軽に毎日美味しいお茶を 

お客様用・お茶上級者用について
 《100g詰 1,000円以上の茶葉:当社対象茶葉「瑞鳳」「まごころ」「やすらぎ」》 


・3つの特徴

1.摘んでいる日が早く、茶葉がやわらかく、まろやかで旨味の濃い茶葉である。

2.お湯の温度と茶葉の量により、美味しさの違いが大きく、開封後の熟成度も高い。

3.そのお茶に合った淹れ方や自分好みの淹れ方を見つけることができるため、他の茶葉では味わうことができない「マイベストティー」を生み出す楽しみがある!!
 
《当社対象茶葉》
・最上煎茶「瑞鳳」   100g詰 3,000円:シーズンベスト1!熟成度もNO.1!!

・上煎茶 「まごころ」 100g詰 2,000円:まろやかな甘み、品格のある煎茶。

・上煎茶 「やすらぎ」 100g詰 1,500円:旨味の濃さ、濃厚な甘みのある煎茶。
 

お茶好きの普段使い(来客用としてもOK!)について
  《100g詰 1,000円台前後の茶葉:当社対象茶葉「ひととき」「香ぐやひめ」「生荒茶」》 


・3つの特徴

1.品質と生産量と価格のバランスが一番良い茶葉のため、お茶屋の特徴がわかる価格帯である。

2.お湯の温度と適正な茶葉の量をレシピどおり淹れることで、安定した美味しさを味わうことできる。だから来客用としてもしっかり淹れることができればおすすめの茶葉である。

3.見た目が粉っぽく、茎が入っている「荒茶(農家そのままのお茶)」で販売していることがあり、味覚本位で製造しているお茶屋は品質の高い茶葉の価格をお求めやすく販売するためにこのクラスの茶葉を荒茶で販売していることがある。(当社は香ぐやひめ以下は荒茶販売です)
 
《当社対象茶葉》
・人気NO.1「ひととき」100g詰 1,000円:やわらかな旨味の濃さ。特蒸しの煎茶

・上生荒茶「香ぐやひめ」100g詰 839円:山奥の香りと旨味濃さ。掛川らしくない掛川茶。

・生荒茶 「生荒茶」  100g詰 740円:甘みの濃さを持った特蒸しの農家そのままの荒茶
 

気軽に毎日美味しいお茶が飲みたい!お得な茶葉について
  《100g詰 500円台以下の茶葉:「太鼓番」「自然のめぐみ」「あまみ番茶」》 


・3つの特徴

1.このクラスの大切なポイントは、いやな苦味・渋みがなく、なおかつ味のある茶葉であること。さらにコストパフォーマンスが高いことです。(生産地直販の専門店でないとこの両極端を併せ持つ茶葉は作り出すことは不可能です)

2.湯を冷まして丁寧に淹れたほうが美味しいが熱湯でも美味しく味わうことができるような茶葉でなければ、スーパーや量販店との違いも生まれないため、お茶屋のプライドを賭けたお徳用茶葉の激戦地帯である。
(もちろん当社の茶葉は熱湯でも美味しい茶葉で戦っています!)


3.「お得な茶葉」の特徴は3タイプあります。 

1)1番茶の最後に摘まれた茶葉:当社対象茶葉【旨味の濃い「太鼓番」】

2)2番茶の最初に摘まれた茶葉:当社対象茶葉【味の濃い「自然のめぐみ」】

3)1番茶の出物を使った茶葉:当社対象茶葉【やさしい甘み「あまみ番茶」】

この3タイプが500円以下でお得に販売されている茶葉の多くになります。100g300円以下になると2番茶が多いでしょう。
出物(茶葉を加工する中で出てくる茎や粉茶や大き
な葉の部分)をしっかり厳選できるお茶屋・生産家であれば、お求めやすい価格で高品質の茶葉を出すことが出来ます。
ただし高品質な出物は量に限りがあるので、美味しい出物に出会え
たら、
のお茶屋は「高品質な出物を持っている!」と心でガッツポーズをイメージして(笑)、お茶屋に詳しく出物話を聞いてみると良いです。
詳しい話ができる主人がいるお茶屋は、生産家か
ら茶葉を荒茶で仕入れを行っており、出物も生かしてお茶作りをしているお茶屋になります。

  ※当社では3タイプともジッパー付の袋にお詰めしているため、気軽にこの3タイプを飲み比べることができます。自分好みの「お得な茶葉」でお茶時間をスタートすることができます。
(現在進行形で(2017年6月付現在)自然のめぐみ、あまみ番茶はまだ掲載できておりません。もう少々お待ちください)
 
《当社対象茶葉》
・荒茶「太鼓番」   100g詰 524円:旨味の濃い最後の一番茶。農家そのままの荒茶。

・荒茶「自然のめぐみ」100g詰 390円:味の濃く甘みのあるおすすめ2番茶の荒茶。

・出物「あまみ番茶」 200g詰 600円:やさしい甘み。一番茶の良質な大きな葉を集めた出物

   TOPページに戻る。
 

おすすめ商品